飼い犬に手を噛まれる女

喧嘩犬・黒柴もか(12歳♀)との戦う毎日  本気で噛まれてます

高野山、こうやさん、Koyasan ?紀州再訪編 PART:参?

どうしたわけか、チマチマ忙しい私です。
    『ボンビー暇無し』
をガチで実践中☆ 
何度書きかけた記事が消え・・・
そして私の意識も彼方へ消えていった事か・・・(´Д`;)


さて、今回の紀州再訪編、最終目的地は 
             『 高野山 』
やっと夢がかないました(´∀`)
雨、上等!!
高野山の入り口デス
鼻息フンフンで、めっちゃ朝早くに龍神温泉を出発☆

って実は前日に朝食を買うとらんかったからなんですけど・・・
この町近辺四方20km範囲内にコンビニどころかスーパーも無くてですね。。。
でいだらぼっちが出て来るまであと半刻天気が悪かったお陰で幻想的☆
そのことが分かっていたので夜に飲まなくてはいけない酒類、つまみ一式は買っておいたわけです。
しかし朝食を忘れとった・・・><
酒は忘れんかったが・・・(爆)
お腹ぺこぺこで高野山にたどり着くと、町のパン屋さんが作りたてのサンドイッチでもって私達を歓迎してくれました(´∀`)
雨の中、我が子は裸。親は傘にポンチョ
高野山の入り口、「大門」の下でサンドイッチを頬張り、もかはパンの切れ端を貰って尻尾を振り振り^^
(相方曰く、『じゅん父にパンを貰った時の方が格段に嬉しそうだった・・・』)

さて、お腹も満たされ、散策開始♪
国宝「金堂」 そしてちょろっともか
国宝:金堂。 どうやら門があったらしいのですが現在焼失してなくなっておりました。しかし「また絶対ココに再建するけー」という意気込んだ看板が立てられておりました。
だんじょーがらん(壇上伽藍)この色を見ると拝みたくなるのは私だけ?
古い町並みらしく、道幅も狭い。
普通に坊主がお坊さんがゾロゾロと行き交う。
その横を大きなトラックやら車がビュンビュン走る。
子どもが通学する。
店を開ける準備をする。
とっくに店を開け、今日も頑張るお店あり。
お遍路さんのスタイルで黙々と歩を進める人。
既に宿坊を去る観光バスが並ぶ。
(托鉢する人がいたら完璧だったけど、さすがに見らんかった・・
いい雰囲気の相方ともか
もかが行きたい方向も今日は聞いてやるノダ。
いい雰囲気の相方ともか パート2
こういうところにやってくると途端に大人しいもかさん。きっと私たちには見えない誰かが

     エエ子 ニ シトラント 〆ルゾ
 
と言うてくれとるんでしょうか。毎度ありがとうございます(誰に?)
高野山の重要ポイント「金剛峰寺」金剛峰寺
ココこそ、ものすごーく熱心に手を合わす人が多い。今に平伏して拝んでても私は不思議に思わないぐらい熱心です。 
奥の院へ行きます☆
さて、最も神聖な場所、奥の院へ到着しました。
小さく切ったトイレシートを両手に握り締めて、ビニール袋大量持参。
準備オッケー☆ 
と、その前に軽く胡麻豆腐の入ったお上品なお食事などいただきまして・・・。
(えぇ、それはそれは極普通の松花堂弁当でございましたわ。でも胡麻豆腐は旨かったね)
それでは本当に犬ころに優しい高野山なのか?検証したいと思います。

まずは奥の院入り口に座っておられる職員さんの前を通過

            問題なし。

が、ここから私と相方に異変発生。
奥の院ってお墓や供養塔の乱立地帯なんざますね^^;
知らんかったために、ものすごく不安になる私たち。
確か真言宗の総本山という意識で訪れていたのに、まさかここで親鸞聖人をお祀りした場所に出会おうとは。
豊臣秀吉の墓もあれば、明智光秀もおるし、織田信長もおるし、しまいには「宮内庁管轄」の偉そうな看板を立てたお墓まである・・・。
もう何が何だかわかんなくなって、これまでにしたことのない会話の内容を相方と楽しみながら(?)ゆっくり散策。
それより企業や色んな団体が建てた供養塔のすばらしいこと!!
ロケット型したのまであったでよ。
その中に製薬会社が建てた供養塔があった。
新薬開発段階で犠牲になってくれた動物たちのためのものだ。
もう少し時期が良かったらもっと綺麗よねー(´∀`)
丁寧に手を合わせておきました。
ココから先は最も大切な場所。写真禁止です(でも黒毛玉は許容された)
さあ、ここからが最も神聖な場所。
写真撮影禁止、飲食禁止、脱帽、
犬ころ禁止とは書いてない。
が、一応抱っこして参拝させていただいた。
どういうわけか、もかさんが大人しく抱っこされた。 
私と相方、そしてもかの分もお線香を手向けさせてもらい、帰ろうとすると地下へ行く道発見。
そーっともかを抱いたまま覗き込んでも、係員の方に「犬は駄目ですよ」とかなーんもお咎め無し。
くどじゃ!!奥の院の休憩所には竈(くど)がある!
参拝を済ませ、休憩所に寄るとここにも美味しい水が準備してありました☆
『滝尻王子』の茶屋で優しいおじちゃん達がくれたお水の方がはるかに美味しかったけれど、この水も美味しい水でした。
んご!んご!!んご!!!もかさんも少しお水をいただく。
美味しいお水と「大好きな天下家がくれる水」はよく飲むのよね・・・、
「犬に寛容な高野山」を検証する目的達成、きっとこれまで訪れた人のマナーも良かったせいもあると思います。今後も犬と一緒にのんびり訪れることが出来る貴重な場所としてあり続けてもらいたいので、これから訪れる皆さんもマナーをしっかり守って欲しいと思います。
「どんなに犬が好きでもノーリードのよその犬は苦手」とか「大きくても小さくても犬が嫌い」という人が多くいることも忘れたらいけんよね
(実はココ最近またノーリードのシーズーもかが襲われまして・・・、
ええ、もかがシーズーに・・・重要なので、2度言いました)


奥の院を後にする頃、雨足が強くなる。 お目当てだった胡麻豆腐屋さんが本日定休日だった事で一気にテンションが下がり、急いで高野山を下山。

で、このまま大人しく帰りゃーエエのに「法隆寺」へ行く。
雨ザーザー(爆) もか大爆睡で降りようともしない。
法隆寺・・・雨雨・・・雨の中、法隆寺散策。 
まさか1年半の間に二度も来るとは思わんかったわ(笑)
法隆寺・・・前回は最高の時期だっただけに残念すぎる
結局疲れを増幅させて帰路に着く。
やっと乗った高速道路。 このまま西へ走ると台風の影響なく広島へ戻れる!!
と分かっていたはずなのに、なぜまたより道をするのだ?私たち。
温泉で冷えた体を温めて帰ろう、というもっともらしい理由をつけて有馬温泉へ行く。
有馬温泉って高速降りてすぐだからいいわねー(´∀`)
「金の湯」「銀の湯」(だったかな?)って銭湯があるらしいのでそこへ行ってみると「銀」は休み・・・><
思い出せ、私。「崎の湯」に到着した時現地で定休日を知り、ヒヤッとしたよね?
学習しない私・・・。「金」へ行く。。下調べせずに(笑)
            開いてた(´∀`)
ありがとう、金の湯!! 
崎の湯とも、龍神温泉ともまた違ういいお湯でした
私が珍しく好物のお菓子「炭酸煎餅」をしこたま買い、(珍しく自分用に菓子購入)
今度こそ本当に広島へ戻っていったのでありました。
まぁ、また来るけー!まぁまた行くけぇ!!
もかさんも、このように太平洋に向けて仁義斬っておられます。
また行きたいと思います^^ 

                次は晴れてくれ!!

<長くなりましたが記録終わり☆ だらだらな文章ですみません!!>
スポンサーサイト
  1. 2009/10/30(金) 18:18:14|
  2. 黒柴もか家ご一行様旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ここでもお犬様熱烈歓迎!! ?紀州再訪編 PART2?

前回の記事から約一週間。
珍しく真面目に仕事をしておりました ペコリ
(私だってたまには働くのだ)

さて、熊野古道「滝尻王子」で、暖かいもてなしを受けた後、雨の熊野本宮大社に到着。
車は河原へ停めてくれ、ということなので河原へ行く。

と、そこで目にしたものは
どーしてこんな河原なの?これ、河原(爆)
え?ただの空き地じゃないの?
てか、河原なのに川全然見えないし・・・(^^;;
(「ここをアジリティー競技会場にしたら20リンクぐらい取れるよねー」ってついついそんな事を言うてしまう自分たちに笑う)
広すぎてどこに停めていいのか戸惑いましたが、こっそり端っこに謙二郎君を停めて神社へ向かう。
少し強い雨が降るもののもかちゃん
さぁ行くわよ☆ヤル気まんまん♪
初めて嗅ぐ匂いに誘われるようにグングン進む。
もかも足を洗ってからね
一応もかちゃんも足を清めてから・・・っと相方が水をぶっ掛けたら
          キレました
熊野本宮大社?全国にちらばる熊野大社の総本山道の真ん中は神様が通るから人は端っこ歩くんよ^^
ここから先は犬も撮影も禁止。登りきると厳かな雰囲気。
本物?!!って感じでした。
この門の先は撮影禁止もちろん犬ころ禁止
(マナーとして脱帽ね)
とても熱心に祈る人、お遍路さんみたいな格好した人、本気でここにお祈りしに来ましたーって人がたくさんいるのに驚く。
宮島の厳島神社もそうなのですが、ただの観光地じゃないのよね。
信仰心の厚い人が真剣に祈りを捧げる場所なんだなと改めて思う。
ここもいにしえの道本殿を後にする時
来た道の横にあるわき道を歩いてみた。
どうやら熊野古道の一つ?
山を歩くと、石段を積んで道を作った人がいるんだということに今更気が付く。
後から来る人へ・・・と手を入れてきた先の人々への尊敬の念を抱く。
毎日毎日小さな小石を拾い、難所へ一つ置く。
その後大きな石を背負い、難所へまた一つ置く。
古の人々の努力と信仰心の賜物
自分達の置いた石を踏みしめてより通りやすい道にしていく作業を繰り返されたんだなーと思うと本当に頭が下がる。
もかもココで一休みさせてもらったよ本殿から降りて茶屋で休憩
ここの茶屋は中に入れなかったけれど、お店の方がとっても親切にして下さいました
入り口の毛氈を敷いた席を快く勧めてくださった。
しかも名物「もうで餅」とお抹茶のセットが@315!
美味しいお菓子だったよ。甘いもんが苦手な私でもイケた(´∀`)

甘味で少しパワーアップしたのが間違い。
ここから30kmぐらい離れたところにある「瀞峡」ってところまで足を延ばしたのだが、こんな中途半端な時期にしかも雨の中行くようなところじゃなかったアルよ。
瀞峡、走る犬は喜び、駆け回り・・・
紅葉が美しい晴れた日は綺麗だろうなぁ、うーん残念。キャンプも出来そうな感じでしたが、いかんせん人がおらん・・・。聞こうにも誰にも聞けやしない。
まぁ、この場所にたどり着くまでの道が捏ね繰り回した道でねぇ・・・(´Д`;)
この川を激走するハイパーボートが走っていたのでそれに乗ってだったらまた行ってみるかも知れないけれど、どうだろう。 多分これが最初で最後かも・・・(笑)

ま、気分を取り直して今夜の宿泊予定地・龍神温泉へと向かう。
もちろん、昼ごはんを食べた店のマスターの助言に従い来た道を戻り、そしてぐんぐんとまた山道を進む。
雨足もどんどんひどくなる。
ココに来て台風が近づいている現実を思い出し、慌てて情報を仕入れるとなんと!!
             和歌山直撃コース(´Д`;)
気になるところがあっても道草食わず、早めに龍神温泉に現着、
地元の居酒屋で地物の美味し?い鮎にがっつきながら、翌日以降の予定を練り直す。
もかちゃんのご飯はいつものフードに豆腐乗せ(´∀`)
いつでもどこでも快食・快便・快眠♪ 健康なあなたに感謝です。ペコリ

明日はいよいよ高野山♪

毎度長くてすみません。次回多分最終回(予定)
  1. 2009/10/15(木) 14:12:16|
  2. 黒柴もか家ご一行様旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

犬・熱烈大歓迎!!謝謝!! ?紀州再訪編?

さて、約二週前に突如思いついた紀州再訪の旅。
10月4日の夕方に広島を出発し、行ってまいりました。

あぁ、お月様が綺麗だね(´∀`)
前日3日は中秋の名月だったねぇ?、とか言いながら一路東へ。
スクール仲間が広島から東へ遠征するとき、
   「最初の休憩地って三木SAだよねー」
と言うとった。
我が家は最長でも瀬戸PAだった我が家。
   「三木まで頑張る」
と無駄なファイトを発揮する相方。宣言どおり三木で最初の休憩と軽い食事を済ませ運転交代。本日の宿泊地「紀の川SA」へとひたすら走る。
    ◎紀の川SA
     ドギーランも付いてて綺麗なSA。
     最も嬉しいのは普通のパーキングスペースとはすこし離れたところに
     約20台の小さなパーキングスペースがあり、そこにも小さなトイレが
     設置されている事。(ドギーランもソコに設置されてます)
     大型車が停車していないので、静かにゆっくり車中泊出来ます^^
     

翌朝はゆっくりと起床、ゆっくりと最初の目的地崎の湯へ向かう。
まずはココへ。崎の湯
到着すると
    「本日高波により、海側の風呂は使用できません」
の表示・・・。
いや、いいんだ。
そんなことより
    「水曜日定休日」
を現地で知って、本気で冷や汗だった事を思うと、海側に入れなくても御の字じゃ。
ホンマ、この日が月曜日でよかったと思ったアルよ。

海側の風呂がザッパーンザッパーンと海水を飲み込んでいる光景を見ながら30分、ボーっと太平洋を眺めながら湯に浸かる。
あぁ、本当にこの国に生まれて良かった(´∀`)
係員のオバチャンに写真を撮ってもらいすぐ側の千畳敷に向かう。
台風上陸2日前・引き潮でもこの勢い
今回日本にやってきた台風18号。
思いっきりこちらに上陸しておりましたが、我が家はその2日前にこちらを訪れました。
曇天がさらに壮大さを増す光景で、大変素晴らしい眺めでございました。
一応形だけの家族写真(爆) 嵐寸前・気合い一発の入浴デス
もかちゃん、何となく波の音にビビリながらも
また来るワンよ太平洋に向かってメンチ斬る。押忍。

崎の湯、千畳敷のある南紀白浜を後にし、一路熊野古道を感じれる場所を目指そうと北上する。
滝尻王子・熊野古道5大王子の一つ。非常に重要な場所滝尻王子?熊野古道5大王子の一つで重要なポイント?
とても美しい自然に囲まれ、険しい山道。
熊野古道最も難所と言われる滝尻王子。
古(いにしえ)の人々がそれぞれの結願を胸に抱いて、どんなに険しくともそれぞれの目指す道を歩んだ道。
石段も通る人々が後から来る人々に
         「あなたも私も共に歩む人なり」
とのメッセージをこめながら一つずつ積み重ねたんだろうか・・・
そう思うと木々の根っこすらその一段に思えてくるから不思議。
もかはひたすら登るのが楽しいのと、色んな空気を感じるらしく、突然立ち止まって木々の向こうを見つめたり、珍しく私達のペースに合わせながらグングン登る♪♪
そうそう、こういうところに来るともかは不安定そうな足場や変に外れた道、場所は絶対通らない。

こんな時、柴犬に限らず日本に住まう犬っこは日本の山々を駆け抜けて生き残った犬なんだなーとしみじみ感じる。
ほんの少し降り始めていた雨も木々の濃さにあまり気にならない。
木々の幹の一つ一つからも 「歩めよ」 と背を押されるように思う。
が、なんとも難所。
20分ぐらい登ったところで「このまま歩いてもまた戻るのが大変」と
一路来た道を戻る。
滝尻王子の入り口まで戻るとそこにある茶屋のご主人から
「ワンちゃんも一緒に寄って少し休みなさい」と暖かい声を掛けてもらい遠慮なくもかも一緒に休憩。 
もかちゃん歓迎してもらいました(´∀`)
滝尻王子入り口にはラブラドールのワンコが門番をしているせいか、とってもワンコを暖かく迎えてくださるんですよ☆
犬連れを気にしていると、そこの茶屋の皆さんが
     「ワンちゃんもおじさんが汲んできた水を飲みなさい」
と、人と同じ水をもかに出して下さった(´∀`)
もかちゃん、最初は警戒していたんだけど美味しかったのね♪
出していただいた水をしっかり飲み干しました☆
普段から水を飲まない子なのでびっくりしましたが、その後にみかんやら焼き栗やら振舞ってもらい、人以上に歓迎を受けたもかちゃん。
私たちもその水をいただいたのだけれど、めっちゃ美味!!!!
広島は水が美味しい地区なので少々美味しいぐらいじゃ感動しないんだけど、この水はマジでうまかった。
これまで飲んだ水の中でもマヂ?等賞
心温まるおもてなしありがとうございます!また行きますね☆次回も絶対お邪魔しますので、おじちゃんおばちゃんお元気でいて下さいね☆

滝尻王子で心を温めてもらった」その後、何を食べるか?を決めれないままひたすら次の行き先
「熊野本宮大社」を目指す。
行きすがら、見つけた食堂で雉料理をいただく。
そこのマスターと話しているときに熊野本宮大社から龍神温泉へ行くと話すると
     「一度この道を戻ってから行くように」
とのアドバイス。
我が家はそのつもりがなかったのですが、よくよく話を聞くと地図で見る以上に険しいケモノミチを走ることになるからやめたほうがいいよーとのアドバイスをいただく。
で、辿り着いた熊野本宮大社。
到着するや否や、びっくりな光景。

                     つづく。


  1. 2009/10/08(木) 21:59:20|
  2. 黒柴もか家ご一行様旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

放浪の旅・・・ again

夏、逆戻り
夏に逆戻りしたかのように暑い広島・・・(´Д`;)

ども、もか家です。

10月3日。宮島の厳島神社に於いて素晴らしいコンサートがございます。
私の愛してやまないバイオリニストの方が出演(´∀`)
今から鼻血ダーダーな勢いで興奮しております☆ フンフン=3
私の見た目からは想像付きませんが、クラシック大好き

久しぶりのコンサート。
どの着物で行こうかなー!袷(あわせ)の時期になったしー♪
って思うものの、ここ数日の暑さ。。。
汗だくで着物着て行くワン!!


と、かなり盛り上がる私の週末。
日曜日はいつもの如くブライダルのお仕事をさせていただく予定。
が、その仕事の直後、

     旅にでます。

日曜日、私は仕事をし、相方はもかとスクールへ。
その後こっそり夜逃げ予定。
今回の行き先は

       南紀白浜 「崎の湯」
                        ↑ココ限定!!
       熊野古道
       高野山

前回の『黒柴もかご一行様』の旅行先も南紀白浜?那智でした。
あの時の楽しさや、美しさに触れたくてもう一度訪問即決です。
熊野古道が持つ懐かしい大気・・・、
ほんの少し触れただけでも癒されますよ。
そして前回リベンジを誓った高野山。
やったー!!高野山で、胡麻豆腐食うぞーーー!!

ところで、
知ってました? 高野山って犬に寛容なんですってね☆
奥の院って写真撮っちゃいけないのに、犬の立ち入りはOKだとか・・・
本当なのかどうか、確かめて来ますね(^^)
(もかのせいで「犬お断り」にならないように体張っていい子にさせてきます)



ところで旅程ですが、詳細は毎回恒例・未定旅程でございます。
気の向くまま、思いつくまま、のんびり行ってきます(´∀`)
帰宅の日は・・・
実はこれも未定・・・(爆)
何かと不満・・・じゃ、行ってくるわ。


  1. 2009/10/01(木) 22:25:20|
  2. 黒柴もかの日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

登場人物紹介

Author:登場人物紹介
もか  (黒柴:♀) 
職業:喧嘩販売員
生年月日:2004年2月17日
特技:噛む

管理人もかママ  (人:♀40代初心者) 
職業:黒柴に日々噛まれ続ける人
特技:すぐ忘れる
   
広島市西部に密かに且つ大胆に生息

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する