飼い犬に手を噛まれる女

喧嘩犬・黒柴もか(12歳♀)との戦う毎日  本気で噛まれてます

平和への誓い

昭和20年(1945年) 8月6日 午前8時15分

突然のするどい閃光と爆風で、数え切れない多くの尊い命が失われました。

あの日、建物疎開や工場で働くために出かけていった子どもたちは、
63年たった今も帰りません。

A?bomb dome

「いってきます。」と出かけ
毎年ありがとね☆

「ただいま。」と帰ってくる。
原爆は、こんな当たり前の毎日を一瞬で奪いました。


彼の話を一度聞いてください
     (被爆者の山崎さんです。一度彼の話を聞いてもらいたい)

原爆は、やっと生き残った人たちも苦しめます。
放射線の影響で突然病に倒れる人。
あの日のことを
「おもいだしたくない」
と心を閉ざす人。
大切な家族や友人を亡くし、
「わしは、生きとってもええんじゃろうか?」
と苦しむ人。
投下目標になった相生橋より元安川とドーム
でも、生き抜いてくれた人たちがいてくれたからこそ、私たちまで命が続いています。
平和な街を築き上げてくれたからこそ、私たちの命があるのです。
今、私たちは、生き抜いてくれた人たちに
          「ありがとう」
と心の底から言いたいです。
元安橋より
忘れてはならない原爆の記憶や、核兵器に対する怒りは、年々人々の心から薄れていると思います。
しかし、人の命を奪う戦争や暴力は、遠い過去のことではありません。
この瞬間にも、領土の取り合い、宗教の違いなどによる争いによって、小さい子どもや大人、私たちと年齢の変わらない子どもたちの命が奪われています。
cenotaph

失われた命の重さを思うとき、何も知らなくて平和は語れません。
事実を知る人がいなくなれば、また同じ過ちがくり返され、戦争で傷つき、命を失った人たちの願いは、かき消されてしまいます。
だから、私たちは、大きくなった時、平和な世界にできるよう、ヒロシマで起きた事実に学び、知り、考え、そして、そのことをたくさんの人に伝えていくことから始めます。
また、私たちは、世界の人々に、平和記念式典が行われ、深い祈りの中にある広島に来てほしいと思っています。
前へ・・・

ヒロシマのこと、戦争のことを知り、平和の大切さを肌で感じてほしいのです。

そして今こそ平和を願う子どもたちの声に耳をかたむけてほしいのです。
みなさん、見ていてください。
私たちは、原爆や戦争の事実に学びます。
私たちは、次の世代の人たちに、ヒロシマの心を伝えます。
そして、世界の人々に、平和のメッセージを伝えることを誓います。


尽きぬ思い

ここまでお読みいただきありがとうございます。
これは今年の子ども代表が読み上げた「平和への誓い」全文です。
今一度、命の尊さ、戦いの愚かさを考えていただけたら幸いです。
(今回のみコメント・トラバ閉じます)
スポンサーサイト
  1. 2008/08/06(水) 20:00:00|
  2. 管理人の悪行三昧

プロフィール

登場人物紹介

Author:登場人物紹介
もか  (黒柴:♀) 
職業:喧嘩販売員
生年月日:2004年2月17日
特技:噛む

管理人もかママ  (人:♀40代初心者) 
職業:黒柴に日々噛まれ続ける人
特技:すぐ忘れる
   
広島市西部に密かに且つ大胆に生息

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する