飼い犬に手を噛まれる女

喧嘩犬・黒柴もか(12歳♀)との戦う毎日  本気で噛まれてます

次は、ぼくたちの番です

ヒロシマの日
ぼくの大好きな街、広島。 緑いっぱいの美しい街です。
65年前の8月6日、午前8時15分。
人類史上初めて、原子爆弾が広島に落とされました。
小さなボランティアたちに支えられています
一瞬のうちに奪われた尊い命。変わりはてた家族の姿。
原子爆弾は人々が築き上げた歴史や文化をも壊し、
広島の街を何もかも真っ黒にしてしまったのです。
今年は特に人が多かった気がする
しかし、焼け野原の中で、アオギリやニワウルシの木は、緑の芽を出しました。
人々も、街の復興を信じて、希望という種をこの地に蒔きました。
傷つきながらも力いっぱいに生き、広島の街をよみがえらせてくださった多くの方々に、
ぼくたちは深く感謝します。
献水
今、世界は、深刻な問題を抱えています。紛争や貧困のために笑顔を失った子供たちもたくさんいます。
私たちの身近でも、いじめや暴力など、悲しい出来事が起こっています。
これらの問題を解決しない限り、私たちの地球に明るい未来はありません。
小さな手が捧げる一輪の花の重さよ
どうしたら争いがなくなるのでしょうか。
どうしたらみんなが笑顔になれるのでしょうか。
ヒロシマに生きるぼくたちの使命は、過去の悲劇から学んだことを、世界中の人々に伝えていくことです。
悲しい過去を変えることはできません。
しかし、過去を学び、強い願いをもって、一人一人が行動すれば、未来を平和に導くことができるはずです

次は、ぼくたちの番です。
この地球を笑顔でいっぱいにするために、
ヒロシマの願いを、世界へ、未来へ、
伝えていくことを誓います。
次世代
2010年8月6日     こども代表




ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

例年以上に暑く、そして参列者が多いように
感じました。

今年は初めて米英仏の代表が出席した式典
こども達の声を聴いて下さいましたか?

小さな手が手向ける一輪の花の重みを知れ。

小さな影をも焼き尽くしたあの夏を
忘れてはいけない。

小さな瞳に笑顔を。





明日より初めて長崎へ行って来ます。
姪っ子と2人で行ってきます。
次世代である彼女と何を見るのか?
何を感じるのか?

ナガサキを学んできます
スポンサーサイト
  1. 2010/08/06(金) 17:01:09|
  2. 管理人の悪行三昧

プロフィール

登場人物紹介

Author:登場人物紹介
もか  (黒柴:♀) 
職業:喧嘩販売員
生年月日:2004年2月17日
特技:噛む

管理人もかママ  (人:♀40代初心者) 
職業:黒柴に日々噛まれ続ける人
特技:すぐ忘れる
   
広島市西部に密かに且つ大胆に生息

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する