飼い犬に手を噛まれる女

喧嘩犬・黒柴もか(12歳♀)との戦う毎日  本気で噛まれてます

祈りの日

本日8月6日、広島原爆の日

原爆資料館


ヒロシマに住まう私たちにとって特別な日です。


61年前の今日、広島に1発の原子力爆弾が投下され、未曾有の惨劇とこの世の地獄が人々を襲った


それは現在もたくさんの人々の心と体を蝕んで止まない。

決して許す事の出来ない出来事です。


折鶴の塔


被爆による重い病と立ち向かう一人の少女が折鶴を折り、そして生きることを諦めなかったその姿。

61年前の今日の朝も、同じく暑い暑い朝だったと聞きます。
きっと当時と同じくらい暑い今日のこの青空に向かう彼女の視線。

今いったい何を見て、何を思われるのでしょう。

平和学習中の学生


そしてその折鶴の少女とあまり変わらない世代の、様々な国籍を持つであろう子供達が原爆ドームのそばで平和についての学習をしていました。
ヒロシマの子供が
      「8月6日 8時15分」
という数字を知らなくなってきているそうです、
ヒロシマの子供が・・・



韓国人原爆慰霊碑


韓国人原爆慰霊碑です。
現在は公園内にありますが数年前までは平和公園の外に置かれていたこの慰霊碑。

ヒバクシャは日本人だけではありません。
様々な国籍の方々が被爆されました。
原爆を投下したアメリカ人も含まれています。

原爆死没者慰霊塔


原爆死没者慰霊塔

数千度の熱線・熱風に体も魂も焼かれ、そして水を求めながら亡くなって行かれた多くの方々にいつか献水だけはしたいと思っていたので、
先日県北のある泉から水を汲んで来ました。
水はここへ献水させてもらいました。

語り部の方


今日も切々と当日の事を話し伝える活動をやめないヒバクシャの方
若い人たちに当日の惨状を気丈にお話されていました。
若いとは決して言えない体で、杖を突いてでも。

今日という日にあの日の話を話すこと。
きっと辛いでしょう。
辛くても語って伝えていこうとされる姿に何とも言えない気持ちを抱きました。

絶えぬ参拝者


今回参拝してみて思ったことは本当に若い人がかなり参加していること。


私の親族にはヒバクシャが居ないと思っていましたが、20年前に他界した私の叔父が実はヒバクシャだった事を昨年の今日知りました。

当時まだ17歳くらいだった叔父は、広島市内を走る市内電車の車掌をしていた事もあり、原爆投下直後に救護の為に入市。
そして入市被爆。

兄弟にすらその被爆体験をあまり語らず若くして他界した叔父。

若かりし頃の叔父の瞳が見た物の重さ、

今回参列した若者の見たもの。

あの大戦の後、この地球上ではずっと戦闘は繰り返し起きそして現在も止む事無く世界のどこかで戦争がある。
ここで話し尽くせることじゃないことは分かっているけれど

人が人を殺しちゃぁいけんのです。

うまいこと言えんのですけど、とにかく人が人を殺しちゃぁいけん


教師と生徒の像


父母が子供を抱え、兄弟・両親を、教師が生徒を抱え・・・
なす術も無く逃げ惑い、苦しんで死んでいく。
生き残れば苦しんで生きていく。
こんな姿はあっちゃいけんのです。

過ちは繰り返しませぬから・・・



安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから


このヒロシマの思いを、一人でも多くの人の心の奥底に・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/08/06(日) 19:00:32|
  2. 管理人のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<ワンコも一役・・・ | ホーム | 私のパンは??>>

コメント

おとついのニュースで、この1年で亡くなられた被爆者が5000人を超していると聞き、まだ苦しんでいる人がたくさんいるのだと痛感しました。
そして、昨日の原爆の日を朝から報道しているテレビ番組の少なさに疑問を覚えました。
「8月6日8時15分」という数字を知らない広島の子供たちが増えている・・・広島の子供が知らないんですから、他府県の子供たちはもっと知らない子が多いでしょう。
私が小学生だった頃、朝からテレビは一斉に広島から中継をしてました。
原爆投下をテーマにしたアニメを見て、恐怖を覚えたものです。でも最近はバラエティー優先なんですよね。苦しい経験があって今の日本があるのに、軽視しているようでこんなのでいいのか?と思いました。
なんだかえらそうに書いちゃいましたが、戦争は幸せを生み出すことはない。世界が平和であって欲しいと願わずにはいられません。
  1. 2006/08/07(月) 08:44:19 |
  2. URL |
  3. すずきょん #-
  4. [ 編集]

本当ですね。うんきょんさんも言われてましたが、昔は夏休みといえば、朝は「戦争の悲惨さ」を伝えるNHKのTVを見て、長崎や広島の方達は大変な思いをされたのだと怖かった覚えがあります。そして二度と戦争はしちゃ駄目だと心に誓ったものでしたが、そんな番組も今は無くなりましたね。今は都合の悪い事は教えない時代です。気の遠くなるような大変な事ですが、広島や長崎の方達は原爆の恐ろしさを訴え続けてください。今の子供達に教えるには、それしかないのです。

う~ん、上手く書けんわ。ごめんな
  1. 2006/08/07(月) 09:16:18 |
  2. URL |
  3. ぷるぷる #-
  4. [ 編集]

ここ、関西もあまり報道されてませんでした・・・
高校野球の開幕と重なって。
小学校の修学旅行で広島行きました。
悲しかったです。今でも悲しいです。
これからも悲しいです。
非人道的破壊兵器。
兵器に、人道的も非人道的もない!
8月6日、登校日でした。原爆の歌うたいました。
子供ながらに色々考えました。
もう、子供じゃないから登校日もないけど
毎年、考えてみます。歌ってみます。
小さな声かもしれへんけど、伝えていきます。
訴えていきます。
  1. 2006/08/07(月) 09:48:28 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集]

♪すずきょんさん♪

そうなんですよ、未だ被爆による健康被害・心的外傷などなど苦しむ方がたくさんおられます。
年を重ねるごとに原爆死没者名簿の厚みはどんどん増して行きます。
今年から名前も分からず名簿に記載されていない方々の為に「氏名不詳者多数」と記載されたんですよ。
今こうして平和に過ごせる礎はあの戦争の惨劇の数々。
尊い命の犠牲があり今があることを再認識させられます。
それでもまだ世界のどこかで戦いが起きて、今でも罪のない子供達が犠牲になっている・・。
私の思いは無力だけれど、一人一人の思いが重なれば必ず大きな力になるはず!
キチンと伝えていきたい思いですよね。
  1. 2006/08/07(月) 13:44:59 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

♪ぷるぷるさん♪

私達が小さい頃って確かに戦争の悲惨さを伝える特別番組が夏休みは多かったですね。
広島に転勤で来られた方が「広島に来て驚いたのは年中原爆の話が新聞にでていることと、広島日赤病院を原爆病院と呼んでいる事」と言われた事がありました。
広島は被爆地ですからいつも話題になることが多いのですが(おそらく長崎でも)、他地域ではあまり報道されないんだなぁ・・・って初めて知りました。
広島長崎の原爆投下、沖縄の地上戦、各地の大空襲で犠牲になった一般市民、外地で戦死された多くの兵隊さん、
皆さんが「なにやっとんじゃ!」って叱られそうな今の世の中ですが、あの悲惨な戦争を繰り返さない!命の大切さを次の世代に強く繋いでいく事が平和な時代を生きていくものの使命ではないかと思います。
  1. 2006/08/07(月) 13:55:47 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

♪kanさん♪

ちょうど甲子園の開会式と重なってしまいましたね
昨年同様今年も広島代表校から
「広島の8:15、長崎の11:02には黙祷を」
と高野連に申し入れをしたそうですが、結局広島代表の如水館のみの黙祷になったと聞きました。
恐らく長崎代表の清峰高校さんも同じだったでしょう。
いつだったか清峰の試合開始直後が11:02だったことがあって、黙祷すら許されなかった事があった記憶があります
「終戦の日に黙祷をしているのだから、広島長崎への黙祷もこれに含まれると理解していただいている」んだそうです
「広島・長崎だけのことだから他県は関係ない」的発言も昨年ありましたよね・・・
うーぬ・・・(-"-;
そうです、兵器に人道的も非人道的もない!
兵器は非人道的なんです!
私達の声は小さいけれど、長く強く訴えていきたいと思っています。 
  1. 2006/08/07(月) 14:13:36 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

おおおお。つらい話しじゃ。
小学校の頃全学年で黙祷したのを覚えているよ。
高校はなかった気がするけど。
広島に行って一番びっくりしたのは、あんなに大変な目に逢ったというのに、
広島っ子達が皆のどかで優しかったことじゃよ(怒るとすんごいだろうが)
さすがじゃ、さすが広島は違うと思ったずら。
あと、山岸涼(←ほんとは漢字違う)子の漫画の中に出てきた詩で、
わたしゃ一人アイゴー!と鬼の目に涙で泣いただ。
ちょっくら載せておくずら。いい詩だと思うでね。

扉をたたくのは あたし
あなたの胸に ひびくでしょう
小さな声が 聞こえるでしょう
あたしの姿は 見えないの

10年前の夏の朝
あたしは広島で死んだ
そのまま 6つの女の子
いつまでたっても 6つなの

あたしの髪に火がついて
目と手が焼けてしまったの
あたしは冷たい灰になり
風で遠くへとび散った

あたしはなんにもいらないの
だれにもだいてもらえないの
紙切れのように燃えた子は
おいしいお菓子も食べられない

扉をたたくのは あたし
みんなが笑って暮らせるように
おいしいお菓子が食べられるように
扉をたたくのは あたし
あなたの胸に ひびくでしょう

ナジム・ヒクメット作詩
「死んだ女の子」より
訳・飯塚弘

誰でも菓子を美味しく食べられる世の中じゃないといかんな。
今なんか犬が食っとるけどよ!
  1. 2006/08/07(月) 17:29:38 |
  2. URL |
  3. ぼしろー #-
  4. [ 編集]

祈り

ワタシの小さな祈りも同じ思いの人の祈りとともに大きな祈りにつながるといいと思います。
  1. 2006/08/07(月) 21:34:09 |
  2. URL |
  3. tari #-
  4. [ 編集]

♪ぼしろーさん♪

うんうん、
こんな小さな子供の魂までも焼き尽くしてまで得るものはなんですか?それ、どうすんの!
って思うよ・・・。
ほんのささいな願いすら奪われて・・。

広島に来られた時も、町の人達が優しいねって言うておられましたね、
とても嬉しい言葉だったですよ^^
待ち合わせをしたあの場所の辺りに行くと
「ここには消えてしまった町があったんだよな」
と思うことがよくあります。 あの場所には小さな町が並んでいたんですが、原爆で一瞬のうちになくなってしまいました。
72年草木も生えぬ、といわれたヒロシマが今他県から来た人に「優しいね」といわれる事が本当に嬉しいです。
いつまでもそういわれるようにキチンとしなくっちゃ!
  1. 2006/08/07(月) 22:41:42 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

♪tariさん♪

一人一人の小さな祈りがなくては大きな目標に近づく事も出来ないんだと、思います。
きっときっと次の世代でもその次の世代にもつなげて行きたいですね・・。
  1. 2006/08/07(月) 22:44:18 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

昔は市内の小学校って、8月6日が登校日で
8時15分に全校児童で黙祷してたように思います。
今でも当時、先生に教えてもらった
『原爆許すまじ』を覚えてます。

自分が学校の先生からいろいろ教えてもらったように、
今の子供たちも「平和学習」として学校で教えてもらうもの。
そう心の中で思ってました。
そんな先生方も今は自分たちと同じ
“戦争を知らない子供たち”
そんな私たちが
“戦争を知らない子供たち”を知らない子供たちに
原爆や戦争の惨状を伝えることは正直無理。
ならば今も中東で起こっている悲劇を、
「対岸の火事」としてテレビで見ている子供たちに、
人間同士が傷つけ合うことの愚かさや醜さ、罪深さ。
そして命の大切さ、尊さを教えて行くことなら出来そうです。



  1. 2006/08/07(月) 23:33:58 |
  2. URL |
  3. ラルラル #-
  4. [ 編集]

オヒサです

ママさん、オヒサのカキコです!

私のおばあちゃんは、戦争以来 死ぬまで一度も駅に近寄れませんでした。
発車のベルを聞けないって言ってました。
子供を戦争に送った記憶が、蘇るからだそうです。

小さい頃は、「ふぅ~ん」って聞いていたけど
子供が出来てからは、おばあちゃんの気持ちが
痛いほどわかります。
  1. 2006/08/08(火) 08:41:18 |
  2. URL |
  3. ハッピーちゃい夢 #-
  4. [ 編集]

♪ラルラルさん♪

私の親自体が戦争を知らない世代ですが、それでもまだ私が子供の頃は平和学習の登校日があったし、親も学校の先生達も8月6日と9日の原爆投下時間には黙祷するように言うとりました。
確かに現実に体験していない事を伝えていくのは至難。
ヒロシマ、ナガサキの原爆資料館が核兵器の愚かさと残忍さをこれまで訴え伝えてきた役割は、戦争体験を話す方が少なくなる今、更に大きな役割を果たす事になるだろうと思います。
ラルラルさんがおっしゃるとおり、現在勃発している戦争紛争・・・テロとの戦い
これらがいかに人の心を蝕むのか、
ゲームじゃないんだって事
現実に人が死に、苦しみ、生きても地獄を歩き続けることになるんだと言う事を子供達と話すことが大事ですよね。
  1. 2006/08/08(火) 10:14:22 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

♪ちゃい夢ママさん♪

おばあちゃん、本当に辛かったでしょうに・・・
戦争に自分の子供を送り出しただなんて、想像も付かないほどの辛い出来事。
現在も戦争体験が原因で心を病んでいる人が多いとか。
カメラのフラッシュが原爆の閃光を思い出す・・
飛行機が飛ぶ音が爆撃機の音を思い出す・・など・・
もう二度とあっちゃーいけんです。
現在のイスラエル紛争、つい最近までうちの相方の後輩がイスラエルに行っていたので、友人を心配しているようです。
  1. 2006/08/08(火) 10:21:39 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

私、式典のほうも行ったことないです(汗)
なんとなく親族に犠牲者が居る方がいくというイメージだったんだけど、関係ない??
来年は式典も参加してみようかな。

一年に一日ぐらい、平和について考えるのも必要ですね。
  1. 2006/08/08(火) 15:53:05 |
  2. URL |
  3. きゅうママ #-
  4. [ 編集]

おじいちゃん

私の母方のおじいちゃんは広島の原爆で亡くなりました。
私はもちろん知らないおじいちゃんです。
おばあちゃんは、戦争で主人を失くし、6人の子供を女手一つで育てたそうです。。。
そのおばあちゃんも、私が生まれる前に亡くなっていて、私は知らないのです。
私の母親は西原に住んでいて・・・被爆者です。爆心地からかなりはなれていたので大きな被害はなかったようだけど・・・

私もまだ式典に行った事がないです。(恥)
いつもテレビを見て、黙祷をしてます。

いつまでも、平和であってほしいですね。日本だけでなく、世界が・・・
犬と暮らせるのも、平和であるからこそ。。。よね。

もかちゃんの寝顔見てると、平和だな~って幸せを感じたよv-22
  1. 2006/08/08(火) 22:22:38 |
  2. URL |
  3. じゅんまま #-
  4. [ 編集]

♪きゅうママさん♪

私も今回が初参列だったんです。
ずっとこの日に行きたいと思っていたので、今年は必ずや!と朝早起きして行きました。
周りは日本語・英語・・・・etc
いろんな国からこの日を目指して来られている方がたくさんおられました。 
来年は夜も・・って思っています^^
この日って市内一円でたくさんのイベントが行われているんですね。 会場にイベントマップをおいてありました。
来年はこれを頼りに廻ってみたいなと思いました
  1. 2006/08/09(水) 08:12:42 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

♪じゅんママさん♪

ママさんはとても身近に被爆者の方がおられ、亡くなった方もおられるんですね、
峠三吉の「私に繋がる全ての人を返せ」という言葉を思いおこさせますね。
西原だと離れているといっても近い地域。
今でこそたくさんの建物で覆いつくされている広島市内ですが、あの時西原からはどんな風景だったのでしょう。
もうあんな悲惨な風景を世界中どこの場所であろうと作ってはならんと思いますね。

ps 話は全然変わりますが、じゅん君某雑誌に出てましたね^^
  1. 2006/08/09(水) 08:20:40 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

えっ?

え~~っ??
何に出てました??DOG SPORTS ジャーナルは最近載ってないし・・・
もしかして。。。?
  1. 2006/08/09(水) 21:18:20 |
  2. URL |
  3. じゅんまま #-
  4. [ 編集]

♪じゅんママさん♪

ふふふ・・・
あの雑誌ですよ、あの^^
ファンレターがいっぱいくるかも知れんですね☆
うふv-10
  1. 2006/08/10(木) 09:17:22 |
  2. URL |
  3. 管理人もか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroshibamocha.blog63.fc2.com/tb.php/49-957612c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登場人物紹介

Author:登場人物紹介
もか  (黒柴:♀) 
職業:喧嘩販売員
生年月日:2004年2月17日
特技:噛む

管理人もかママ  (人:♀40代初心者) 
職業:黒柴に日々噛まれ続ける人
特技:すぐ忘れる
   
広島市西部に密かに且つ大胆に生息

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する