飼い犬に手を噛まれる女

喧嘩犬・黒柴もか(12歳♀)との戦う毎日  本気で噛まれてます

合言葉は『マシッソヨ~』 アラフォー女2人の韓国旅行記(最終日)

2012年4月10日、ソウル。
いよいよ帰国の日。
今日は昼から雨になるらしい・・・

最後の日だ。
初日の冷麺が遠い話のような気分に浸りながら、インサドンを歩き、お土産ちょろっと
買って、朝のソウルの街を歩く。
夜中のうちに清掃作業をするのでしょうか、朝になるととても道が綺麗になっている
のが印象的なソウル。数時間で劇的にゴミがあちこちに転がる光景に戻るんですが、
ちょっと面白いな、と思ったね。(その前にゴミをポイ捨てするなよ)

さて出勤する人々をかき分け歩いて、ミョンドンへ。
何故って、
朝食はサムゲタン。 しかもうこっけい。文句あるか?朝ご飯に、参鶏湯(サムゲタン)だからですよー♪ 
しかもウコッケイのサムゲタンですよー♪
日ごろからサムゲタンを自分で作成している私ですが、他人が作ったサムゲタンを食べた事が
なかったんですね。
これが、生まれて初めて食べるサムゲタンみたいなもんです。
伺ったお店は「百済参鶏湯(ペクチェサムゲタン)」(最終日にしてやっと店名が分かる店に行きました)
んもーね、 マシッソヨ~ この言葉しか出てこん。
ほろっほろに煮込まれた若鶏は一人1羽。 軟骨は食べられるほどにトロトロで
ゆっくりじっくり煮込まれているから、中のもち米も飛び出たりせずふっくら。
あー、幸せすぎる! 私もこんなのが作りたいのよー! 
百済参鶏湯のパンチャンさて、こちらのパンチャン
どちらのキムチも激ウマ!!! ですが、右上のニンニクのパンチャンは要注意!
実はこちらのお店、小沢さんは以前行ったことがあるお店なんですが、、前回このニンニクを丸食いしたら
その後まったく味が分からなくなったみたいなのよ。 で、恐る恐る試したら・・・
    It's a ニンニクワールド(´∀`)
是非お試しください(笑)
小沢さんは初めてじゃないので、きっと場所もすぐ分かるだろうと思い大体の場所を聞くと
    「2階にあるお店なのよ」
というとっても分かりやすい情報を小沢ファイルから引き出すことに成功。
そんな感じでお店探しがスタート。 で、何となく見つかりました。
ガイドブックに必ず載ってる有名店ですから、ぜひ。 
   目印は   二 階 の お 店  です(爆)
おなかいっぱいになったところで李クンとの待ち合わせ場所
ミョンドンのど真ん中明洞聖堂へ。
とっても重厚な造りで、こんな町中にあるなんて信じられないような静かな場所。
そこでめちゃくちゃ薄っいコーヒー啜ってると
はい、李クン登場李クン、登場。 アニョンハセヨ♪
今日もまた一日よろしくね(そしてゴメンねww)
クリスチャンの李クン。 ちゃんと十字を切って聖堂に入る。
厳粛な雰囲気です。私はそうじゃないので、一礼して聖堂に入ったのですが、
その光景がどうもおかしいらしい。 クリスチャンじゃない奴が十字切るのも変じゃろ?
ちゃんとごあいさつしなきゃね♪

その後は明洞の町をうろうろして、ロッテデパートのデパ地下を冷やかす。
色々試食するのはデパ地下の鉄則ですよね♪ ワクワク試食☆ 
お土産を買おうかなーと思っていたのですが、さすがデパ地下はお値段もよろしい。
ソウル駅すぐそばのロッテマートの方が安くて色んなのがある、と李クンが教えてくれたので
もう食いものを探しさまよって・・・・んじゃ、何か食べる?
そう。私たちは2時間前に参鶏湯を食べた、と言うことをもう忘れたのだ。
よもや、小さいとは言え、鶏を1羽丸ごと食った、なんてそんな事忘れました。
と言うことで、食べたかった本場のピビンパ♪ これも小沢さんが以前行った場所に
行くことにしましたが、例のごとくとても分かりやすい説明をしてくれまして、
ようやくたどりついたのが、 「古宮(コグン)」
パンチャンかっ食らうこちらのパンチャンが絶品豪華でして
これからピビンパが来ると言うのに全力でかっ喰らう。 今日も食欲魔人健在。
李クン、やや驚いておりましたが、丸2日この女どもと一緒に過ごして彼も少々の事では
驚かなくなってきました。 いいぞ、李クン!男はそうやって大人になるんだよ♪
お待たせしましたー!
ピビンバ~☆うまー(´∀`)ユッケピビンパ、キターーー!!!!!
いっぱい混ぜて、混ぜて、混ぜて・・・さすが李クン、手早く混ぜる。 そして
     アジュ・マシッソヨーーーーーー!!!
んもーね、幸せ全開!!! 最高でした。 食後に出されるお茶もエクセレント。
何もかもが大満足。 
ただ、その分お別れの時間も近づいてくる。
ソウルの道は広いやたらと広いソウルのメイン道路。
小雨が降り始めていましたが、一歩一歩懐かしむように歩いて宿へ戻り、預けていた荷物を引き取り
お世話になった宿の女将さんに「また来るね」としばしのお別れのあいさつ。
ソウル駅ソウル駅へ戻り
ロッテマートでお土産を買いこむ。
外で待っていた李クンが、私たちが買ってきたお土産の量をみて最後の大ビックリ!!
そこで李クンがとった行動は、私たち2人の紙袋を段ボール箱に詰め、荷紐でくくり、
手荷物預けが出来るように梱包してくれたのです。
どこまでも何も考えず行動する女2人に渾身の優しさで切り返すのであります。
最後の最後まで徹底的に迷惑をかけ続け、いよいよお別れが近づく。
私たちの荷物を持ってくれ、ぐんぐん案内されたのは何故かソウル駅のホームではなく
アシアナのカウンタ。
どうやらアシアナ航空と大韓航空の予約ができている人で、ソウル駅からインチョン空港までの
A-REX直行便で行く方はソウル駅で飛行機のチェックインができ、なおかつ出国手続きも
ここで出来ると言うすばらしいシステムがあるんです。
なんということでしょう。 空港まで荷物を持たずに行ける! お受け取りは日本でね♪みたいな。
こういうシステムが日本にあるのかどうかは知りませんが、とっても素晴らしいシステム。
韓国は端々で観光客誘致に向けて並々ならぬ努力をしているなぁと感じてきた3日でしたが
これも究極。 ただロストバケッジされるのが心配でしたけど、いいですね。
チェックインもした、出国手続きもした、あとはA-REXに間違いなく乗れば・・・
え??って事は、李クンとここでお別れなの??? と今更ながら気がつく私たち。
もう、ありがとう、ありがとう、また会おう、絶対また3人で旅をしよう、
ありがとう・・・ これしか言えなくて、涙が次から次へとあふれ出て、
号泣するアラフォー2人をなだめる李クン。 また会おうね、こちらこそありがとうと。
さようなら、とはお互い言わなかった。
ありがとう、と、また会おう、だけ。
列車の時間が迫る。 もう一度、二度三度・・・と「ありがとう」ばかり。
出発ホーム(なんと地下7階!)までのエレベーターのドアが閉まる瞬間だけは
ちゃんと笑顔でありがとうと言いたかったので、笑顔で手を振ったつもりでしたが
どうだったかな・・・
李クンと2ショット李クン、本当にありがとう。
本当にありがとう!! ホスピタリティの極致をみた思いです。
本当にありがとう・・・!! しばしのお別れです。 次回は日本だな♪

列車の中でも、空港での待ち時間でも、李クンへ十分なお礼が言えなかった事をウジウジ思ったり、
何ですか?このべたべたな韓流っぽさザ・韓国!!みたいな変な物を見つけて笑ったり・・・
でも、小沢さんとももうすぐしばしのお別れだ。
私の方が20分ほど早い便。 「泣かずに手を振ろうね」と言ったのに、ちょっと泣いて
しまったのはばれなかっただろうか。
見えなくなるまでお互い手を振って、しばしのお別れ。
小沢さん、ありがとう! あなたとの旅はいつも大爆笑です。 次はどこにするかね?
またそんな悪だくみの計画を練る楽しみが出来ました。 李クンに負けないおもてなしを
しようじゃーないか!! あげろ、私たちのホスピタリティー!!(笑)
雨のソウル・また来るからね本当に充実の3日間でした。
まだまだ書いても書ききれない事だらけ。 
でも、もう確実に私たちの間に国境はない。 物理的距離だけである。

李クン、小沢さん、カムサハムニダー(´∀`)       
                  (旅行を快くOKしてくれた相方にもカムサハムニダー♪)


長々遅々書いてしまいました。 お読み下さった方々、カムサハムニダ。
ってなわけで、韓国旅行記・完!です。



次回からはもかちゃんに戻ります(´∀`) 


スポンサーサイト
  1. 2012/04/27(金) 16:18:17|
  2. 管理人の悪行三昧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ちゃーんと覚えてたYO!! | ホーム | 合言葉は『マシッソヨ~』 アラフォー女2人の韓国旅行記(弐日目)>>

コメント

きた、きた!サムゲタン♪
絶対、食べるんだろうな-って思ってた( ̄▽ ̄)
若鶏1羽がスルッとお腹に収まっちゃうくらい
おいしいんだ!

韓国は何でも美味しそうだわ。
ちょっと行ってみたくなってきたよ(*´∇`*)
  1. 2012/04/27(金) 17:17:28 |
  2. URL |
  3. くろ #-
  4. [ 編集]

ドラマじゃ~~

なんか お別れのシーンで思わず胸が熱くなったわ。
本当に 楽しい旅物語でした。

美味しいものたっぷり食べて
元気になるのが一番!

お留守番のお二人に感謝ですね。
  1. 2012/04/28(土) 20:59:40 |
  2. URL |
  3. だんご #-
  4. [ 編集]

♪くろさん♪

もちろん行ってみました、サムゲタン(´∀`)
絶対食べると誓って韓国に乗り込みました(笑)
小さめの丸鶏なのですが、何の問題もなくきれいさっぱり
完食いたしました♪
もーね、美味しいってもんじゃない。
深い味わいでした。 
そんな私、現在サムゲタン作成中ですwww

韓国、本当に美味しいものがたくさんです。
あー、また行きたい♪
  1. 2012/04/28(土) 21:15:10 |
  2. URL |
  3. もかママ #-
  4. [ 編集]

♪だんごさん♪

ソウル駅でのお別れを書いている時、思いだして涙が
出たということは内緒にしておきます♪
本当に感謝感謝の3日間でした。
またまた忘れられない思い出がたくさんできました。
小沢さんと旅をすると面白いことが次々起きます(´∀`)
留守番のお二人にも感謝♪
(もかちゃん、私を素通りでスーツケースずっと匂ってましたw)
  1. 2012/04/28(土) 21:20:02 |
  2. URL |
  3. もかママ #-
  4. [ 編集]

私としては、もかママと旅すると、爆笑の連続になるって気分なんだけどなぁ~(笑)
とにもかくにも、思い出深い旅を一緒してくれて、本当にありがとう。
ふざけたコメントを書きたかったけれど、全部読んでたら切なくなっちゃったよ。
また彼に会いに、ソウル行こうね。
その前に、日本に招待しましょ、ホントに!
京都と奈良だね~!

ほとんど何も決めずに旅したとは言え、もかママの方がずっと下調べしたり、宿手配してくれたりしたから、本当に感謝です。
私、できなしっ子でゴメンよ~~。
でもまた旅しましょう!
楽しみにしてるよ!
  1. 2012/04/29(日) 22:09:01 |
  2. URL |
  3. 小沢 #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした。

めっちゃ、食べまくりの韓国旅行でしたね♥
韓国料理はキムチと韓国のりとインスタントラーメン以外は食べた事がないので
そそられました。
なんか、見てるだけで、韓国に行った気分になりました(^o^)
私も、韓国料理のお店に行ってみようかなっ!
飛行機は怖くて乗れないから、料理店にしておきます(笑)
  1. 2012/04/30(月) 21:59:36 |
  2. URL |
  3. 凛ママ #-
  4. [ 編集]

♪小沢さん♪

ふつふつと思い出しては楽しい気持ちになったり、
「あぁ韓国が恋しいなぁ」と思ったり、小沢さんと李クンに会いたいなーと
思ったり・・・。
こちらこそこんなに楽しい思い出てんこ盛りの旅を一緒にしてくれて
ありがとーね♪
ぎゃ!すっごくふざけた事ばっかり書いちまった(爆)
ほんとねー、またソウル行こうぜ!!李クン、「今度は迎えうつ」つもりで
迎えてくれるかも(爆)負けられない!みたいなww

また絶対旅しようねー。李クン、インバイトしなきゃね♪
さぁ次どこ行く?どこ行く???
こんなことばっかり熱心ですから、下調べ好きー(´∀`)
でも下調べしてても、見つけたものにすぐ飛びついちゃうから毎度イレギュラーだね^^
次も絶対楽しい旅になります。 また行こうね♪ ありがとーーー!!
  1. 2012/05/01(火) 21:49:39 |
  2. URL |
  3. もかママ #-
  4. [ 編集]

♪凜ママさん♪

いやー、李クンがお疲れ様、だったんですよ^^
私たちは楽しいばっかり(笑)

韓国料理、美味しいですよー(´∀`)
前から色々簡単な物は作っていたのですが、ますます韓国料理率が
あがっている我が家の食卓です^^;
ぜひぜひ韓国料理、チャレンジしてみてください^^
辛くない料理もたーくさんあるし♪
あ、飛行機ダメな人でも行けるのが韓国ですよ☆
福岡から高速艇でプサンまで行けまーす(´∀`)
  1. 2012/05/01(火) 21:51:54 |
  2. URL |
  3. もかママ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroshibamocha.blog63.fc2.com/tb.php/515-7d11d0c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登場人物紹介

Author:登場人物紹介
もか  (黒柴:♀) 
職業:喧嘩販売員
生年月日:2004年2月17日
特技:噛む

管理人もかママ  (人:♀40代初心者) 
職業:黒柴に日々噛まれ続ける人
特技:すぐ忘れる
   
広島市西部に密かに且つ大胆に生息

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する