飼い犬に手を噛まれる女

喧嘩犬・黒柴もか(12歳♀)との戦う毎日  本気で噛まれてます

今年はプチクレイジー

寒い・・・

となると
写真 (117)コレ
今シーズンも前屈、やってます(´∀`)
どうも、月刊更新状態のもかママです♪
おひさしぶりー(^^)


さて、暦の上では春となり・・・
と言えば 毎年恒例のクレイジー豆まき。
写真 (115)今年も行ってまいりました♪
今年はあまり天気が良くなかったせいか、例年の半分近い人数しか集まっていない
そんな気がしましたが、
写真 (116)今年のカメラマンは例年よりすごかったよー♪
私も彼らに負けじとカメラを・・・

    あれ?カメラにCFカードが入っていない

痛恨の失敗・・・
と言うわけで、今回はiphoneにて撮影の写真ですの><

さあ、みんな今か今かと自身のポールポジションをジリジリと詰める。

が、ここで何故か招待されていた歌手って人が歌を歌い始め、鬼になりかけた皆さん
一斉に

             きょとーーーん

隣に居た人が
     「この時間、どうすりゃええんかね」
と申されまして、ワタシ心の中で大爆笑。
そんなこんなしてると歌も終わり、皆様おまちかねの
写真 (112) クレイジータイム開始っっ!! 
今年はスペースに余裕があるので皆さん、跳ぶわ、横へ後ろへ移動しながらの
キャッチはするわで、人が少ないのにもかかわらず例年通りのエキサイトぶり。
これぞ
       少数精鋭の鬼っぷり
写真 (114)
主催からの情報によると投げ手側も今回は精鋭だったらしく
写真 (113)コントロールがいいですよとの事。
      コントロール??
どんな重要ポイントがあるのかよくわかりませんが、
写真 (111)今回は外国人観光客の方々が
本当に楽しそうに参加されている姿が印象的でした^^

鬼もうち、福もうち、 

皆さん、どうぞイイ一年にお互いしましょうね♪





  1. 2014/02/10(月) 20:02:01|
  2. 管理人のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wedding Party♡

何度もするもんじゃないのが自分の結婚、
何度お祝いしてもいいものが誰かの結婚。

先日、我らがドッグスクールの第一号生徒さんでもある「てぃーママとパパ」の
Wedding Partyに参列させていただけましたの♪
嬉しいご縁をちょうだいいたしました^^

スクールの生徒さんばかりなので本当に和やかで
2人がまだ入場もしてきてないのに、乾杯して飲み始めたり、
写真 (53)おっさん2人が高砂に座り2人を待つ・・・コラ!
普段はジャージで~クロックスで~なわけですがこの日はパパも
かっこよくばっちり決めてるし、ママは普段から可愛いのに
もっと可愛くなってて、参列したみんな、まるで自分の子供の結婚式みたいに
感動してウルウルしちゃったりして・・・

素晴らしい余興などもあり、ぱーりーも盛り上がったところで
写真 (51)ケーキカット♪
ファーストバイトがありまして、それが終わるとas soon as でケーキ消滅。
うちのスクール方式できれいさっぱり瞬間で。

さて、うちのスクール方式とは・・・
写真 (52)このようにみんながフォークスプーンを持って
  ダイレクトイートしますのよ^^

とてもとても和やかなぱーりーで、本当にこちらが仕合せになれたよ♪
その帰り、2人から一人一人にお土産をいただいたのですが、
さすが犬っころ仲間です。いただいたお土産はワンコのおやつと
写真 (50)コレ♪
ワンコと引っ張りっこするおもちゃなのですが、これ、ティーママの手作りなんですの♪
ママの予想では「もか、多分遊ばないかもねー」って言ってたけどこの様に
全身全霊で毎日遊んでおられます☆ めずらしいー!!
やっぱり分かるのね^^ 

どうぞ末永く仕合せに、仲良く喧嘩しながら、2人らしい夫婦になってね♡
おめでとーーーー!





  1. 2013/08/24(土) 17:04:03|
  2. 管理人のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナガサキ


ナガサキの日。

三年前、まだ高校生だった姪と一緒に長崎の平和式典に参列した。
その時訪れた被爆クスノキの下に静かに座り声をかけて下さる
ヒバクシャの方があった。
2010-08-08 003 043 (427x640)
たったの1mの差が友人と彼の命運を分けた。 

「私は自分の友人をこの手で葬らなくてはならなかった」

毎年彼は自らと同じく被爆し生き残った大きなクスノキの下で語り部をなさっておられると言う。

「またいらっしゃい。」

今年もあの大きなクスノキの下で静かに様々な葛藤を胸に語られたであろうか。
お元気でいらっしゃるだろうか。
広島にも残る被爆樹木を見るたびに彼を思い出す。

あの日、影まで焼き尽くされなければならなかった多くの命、
あの業火を生き延びてなお苦しみの日々を強く生きて来られた尊い命、
全ての命に。。。。
合掌。
  1. 2013/08/09(金) 22:13:34|
  2. 管理人のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大切なのは、わたしたち一人一人の行動なのです

平和への誓い
2013-08-04 001 034 (800x533)
今でも、逃げていくときに見た光景をはっきり覚えている。
2013-08-06 001 003 (533x800)
当時3歳だった祖母の言葉に驚き、怖くなりました。
「行ってきます」と出かけた家族、「ただいま」と当たり前に帰ってくることを信じていた。
でも帰ってこなかった。
それを聞いたとき、涙が出て、震えが止まりませんでした。
2013-08-06 001 007 (800x549)
68年前の今日、わたしたちにまち広島は、原子爆弾によって破壊されました。
体に傷を負うだけでなく、心までも深く傷つけ、消えることなく、多くの人々を苦しめています。
2013-08-06 001 009 (538x800)
今、わたしたちはその広島に生きています。原爆を生き抜き、いのちのバトンをつないで。
命とともに、つなぎたいものがあります。
2013-08-06 001 010 (533x800)
だから、あの日から目をそむけません。
もっと、知りたいのです。被爆の事実を、被爆者の思いを。
もっと、伝えたいのです。世界の人々に、未来に。
2013-08-06 001 018 (533x800)
平和とは、安心して生活できること。
平和とは、一人一人が輝いていること。
平和とは、みんなが幸せを感じること。
2013-08-06 001 023 (533x800)
平和は、わたしたち自らがつくりだすものです。
そのために、友達や家族など、身近にいる人に感謝の気持ちを伝えます、
多くの人と話し合う中で、いろいろな考えがあることを学びます。
スポーツや音楽など、自分の得意なことを通して世界の人々と交流します。
2013-08-06 001 027 (533x800)
方法は違っていてもいいのです。
大切なのは、わたしたち一人一人の行動なのです。
さあ、一緒に平和をつくりましょう。
大切なバトンをつなぐために。

平成25年(2013年)8月6日 
こども代表
2013-08-06 001 028 (800x533)
Commitment to Peace
August 6,2013

"Even now,I clearly remembber the scenes I saw while running a way."
I was surprised and frightened at wth wrds of my grandmother,who was three years old at the time.
"Until that day,I dad beleced that every time a family member left the house with the words ' I'm going out',they would return with the words,'I'm back'.But they did not return."
When I heard this,tears began to fall,and I could not stop shaking.
Sixty-eight years ago on this day,our city Hiroshima was destroyed by as atomic bomb.Not only our bodies bore wounds;the pain penetrated to our heaarts,which for many people,ache without end.

Now,we are living inth same city,Hiroshima.
The people of our city hace lived through the atomic bombing,passing on the baton of life.
Along with life,there is something else we want to pass on...
That is why we cannot turn our eyes away form that day.
We want to know more.There reality of the atomic bombing,the thoughts of the HIBAKUSHA.
We want to spread these,further and further.To the people of the world,to the future.

Peace is being able to live with peace of mind.
peace is each and every person shining.
Peace is everyone feeling happiness.

Peace is somthing we ourselves create.
For this reason,We comvey our gratitude to the people close to us,our friends abd family.
Through dialogues with many people,we learn that there are many different ways of thinking.
Through sports,music,and the things we are good at,we interact with the people of the world.

It doesn't matter if the methods are different.
What is important are the actions of eace and every one of us.
So,let us create peace together.
So tgat this precious baton may be passed on.

Children's Representatives
2013-08-06 001 025 (800x533)



  1. 2013/08/06(火) 15:56:00|
  2. 管理人のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワタシ、カンゲキ!!

先日百貨店(古い?)で目の前を行く老夫婦が持っている買い物メモが

        コーヒー
        砂糖
        アレ

       ア レ ? ? ?

アレってなんだったんだろう。。。聞いてみれば良かった・・・

どうも、もかママです。
焦げるように暑いねぇ(´Д`;



さて、ワタシ感激しとります。

今年5月中旬、突然

「あなたがブログに載せておられる
         長崎市の山王神社・一本柱鳥居の写真を書籍に使いたい」


とのメールがやってきました。
(依頼元になった記事 こちら
普段から何も考えてない私ですが、さすがに怪しみました。(失礼)

が、本当に私の写真を掲載していただきました。

写真 (46)それがこちら。

発信元の方を調べますと幼児・児童向け書籍を主に扱う出版社さん。
発刊予定の書籍は日本中に数多くある戦争遺産を写真つきで解説した図鑑。
全国の子供達が平和学習をする際、様々な戦争遺跡を題材にして調べるわけですが、
それらの戦争遺産と呼ばれる物の背景には一体どんな歴史があり、
そしてどんな出来事があったのかを分かりやすく解説した図鑑だと言う事でした。

平和公園に行きますと全国各地から訪れる小中学生が自分たちで必死で調べ、
自分たちなりに学習した事柄について冊子を手作りし、それを手にして汗だくで学習する
姿を目にします。
その子供たちの手助けにもしなるのなら撮り手としてこんなに嬉しい事はありません^^ 
二つ返事で承諾、この様に載せていただきました♪♪ 
きゃー! 本当にうれしい。

実は表紙にも採用して下さっていました。 
61jSNTjJAbL__SL500_AA300_.jpg 右端の鳥居の写真ですー^^ 

いやはや、ありがたやー、もったいなやー。

長年どうしても行ってみたかった長崎。
行くのならやはり平和祈念式典に出席を、と2010年8月に
姪っ子を伴っての2人旅をしました。
その旅で様々な方々に会い、様々な物語を見、様々な事を一緒に考えました。
その旅から約3年。
こんな形の新たなご縁をいただこうとは夢にも思わなかった事です。

今回、鳥居の写真を改めて引っ張り出して見ていると、この山王神社の大楠木の下に
おられたあの被爆者の方が語って下さったお話しを思い出しました。
あの人はお元気だろうか。
毎年8月にはあの大きな楠木の下で語り部をなさるとおっしゃってた。

また行きたい。 是非。 


で、その書籍名は「日本の戦争遺跡図鑑」(PHP研究所) です。
某ジュンク堂書店では児童書籍のコーナーにございました。
書店でお見かけになられましたら、「やっちまったなぁ」と
声かけのほど、夜露の死苦で。



  1. 2013/07/13(土) 22:33:47|
  2. 管理人のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

登場人物紹介

Author:登場人物紹介
もか  (黒柴:♀) 
職業:喧嘩販売員
生年月日:2004年2月17日
特技:噛む

管理人もかママ  (人:♀40代初心者) 
職業:黒柴に日々噛まれ続ける人
特技:すぐ忘れる
   
広島市西部に密かに且つ大胆に生息

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する